間接話法の応用

間接話法と言えば「伝聞」というイメージを持っている人は多いと思います。

しかし、実際の会話では「さっき、~って言ったろ」のように、伝聞とは全く関係のない文に、間接話法が用いられることもあります。

Ads

間接話法の省略形(応用1)

文末の「하다」が省略される

-대요のような短縮形ではなく、-다고 하다の하다を省略し「-다고」の形で使うケースです。

通常の間接話法の文

女子2-R

그 사람이 일본에 간다고 해?
彼が日本に行くの?

女子1-R

오빠가 같이 밥 먹으러 가자고 해요.
彼が一緒にごはん食べに行こうって

※彼氏が年上なら오빠と呼ぶこともあります

女子3-R

이걸 나 혼자 하라고 해?
これを私一人でやれって?

하다を省略するとどうなるのか

女子2-L

그 사람이 일본에 간다고?
彼が日本に行くの?

女子1-L

오빠가 같이 밥 먹으러 가자고요.
彼が一緒にごはん食べに行こうって

女子3-L

이걸 나 혼자 하라고?
これを私一人でやれって?

同じ内容の文でも、このように形が変わることがあります。

また、-다고の後ろに요が付くことで丁寧語な表現になります。

文中の「하다」が省略される

-다고 해서のような形で、文の中に組み込まれた間接話法にも、省略は起こります。

兵士-R

매일 공부했다고 (해서) 성적이 올라갈까?
毎日勉強したからって成績が上がるのか?

デブ-R

야채를 먹는다고 (해서) 살이 빠지겠나?
野菜食べたからって、痩せると思うか?

해서が省かれていますが、意味が変わるわけではありません。

しかし、よくある使い方です。

Ads

自分の考え、意見を伝える(応用2)

過去の「自分の発言」を引用する

間接話法を使って「自分の考え」を伝える場合。

リーL

내가 하겠고 했잖아.
俺がやるって言ったじゃん

鬼軍曹-L

이제 그만하라고 했잖아.
いいかげんにしろって言っただろ

過去の「自分の発言」を引用して表現することもあります。

過去の自分も、ある意味で他人ってことですね。

省略系で自分の意見や考えを表す

間接話法で「自分の考え」を表現する時に、하다が省略されるとニュアンスが変わります。

男子1-R

내가 직접 가서 얘기한다고요.
俺が直接行って話するって

yuna-R

언제 한국에 오냐고요.
いつ韓国に来るのかって
※話し手が質問している

女子4-R

빨리 가자고요.
早く行こうよ

このように、「今自分が考えていることなど」を表します。

「誰が誰に?」に注意

間接話法は省略形になると、ニュアンスの判断がややこしくなります。

なび-L

소룡이가 일본에 언제 가냐고요.
ソリョンが日本にいつ行くのかって

なび-R

소룡이가 일본에 언제 가냐고요.
ソリョンは日本にいつ行くの?

質問

1、伝聞表現
ソリョンが、話し手を通して「俺がいつ日本に行くのか」を聞いている

2、話し手の質問
話し手が「ソリョンがいつ日本に行くのか」を、俺に聞いている

こうなると意味が全く変わってきます。

話の流れなどからも、内容をしっかり把握できるようにしましょう。

Ads

他の文法との組み合わせなど(応用3)

変形や省略が混ざった表現

間接話法には短縮や省略だけでなく、変形したパターンもあります。

女子1-L

주말에 어디로 간다 그래요?
週末どこに行くって?

女子2-L

날씨가 안 좋아서 밖에 나가지 말라 그러는데요.
天気が良くないから外に出るなって言ってるけど

ビッグボス-L

방금 뭐라 그랬습니까?
今何て言いました?

-다고 하다の「고」が省かれ、하다が그렇다になっています。

しかし、意味合いやニュアンスが変わるわけではありません

早く来い

A씨

그 친구한테 빨리 오라 그래.
そいつに早く来いって言え

「そいつに『早く来い』と伝えろ」というニュアンスです。

こういう言い方もよくするので、間接話法に慣れてきたら、少しずつ変形したパターンも練習してみましょう。

他の文法と組み合わせた例

間接話法の省略や変形に、さらに他の文法が組み合わさると複雑化していきます。

男子2-R

소룡이가 캠프하러 간다는데 주말부터 태풍이 온대.
ソリョンがキャンプに行くようだけど、週末から台風が来らしいぞ

男子1-L

지 말래야지.
やめさせないと
(行くななって言わないと)

가다고 하다+는데
=간다고 하는데
간다는데

지 말라고 하다+야지
=지 말라고 해야지
지 말래야지

こういった文法が、組み合わさっています。

間接話法に慣れるまでは、どんな文法が表現の中に組み込まれているかを、じっくり考えてみましょう。

敬語と組み合わせるパターン

組み合わせる文法には、敬語表現もあります。

おじさん-R

사장님이 이걸 내일까지 하라고 하세요?
社長がこれを明日までにやれって?

하라고 하시다(하다に시)
하라고 하세요(하시다の요体が하세요)

アジュンマ-L

빨리 먹고 나가시라고요.
早く食べて出ていきなさいよ

나가라고 하다(나가다に시)
=나가시라고 해요(해요が省略)
나가시라고요

こうして見れば、間接話法はいろんな使い方をしていることがわかります。

まとめ

間接話法を含んだ文は「誰が何を言っているのか」を、しっかり押さえることが重要になります。

実際の会話では、基本通りにはいかないことの方が多いですが、自分でいろんないろんな例文を作って練習してみましょう。