「現地で使っていたスマートフォンを、日本でもそのまま使いたい」

留学や仕事などで韓国に長期滞在していた人なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

韓国製(海外製)のスマホを日本で使用するためには、まず端末が日本の回線で使えるかどうかを確認する必要があります。

スマートフォンを日本に持ち帰る前に確認すべきこと

※1 海外製のスマートフォンを日本に持ち込んで使用するのを推奨するものではありません。
※2 外国製端末の使用は自己責任で行ってください。
※3 不具合が生じたとしても責任は一切負いかねます。

※法的な問題やルールなどについては以下の記事を参考にしてみてください。

海外製端末に必須となる2つの条件

海外から持ち帰ってきたスマートフォンを日本で使うためには、本体が次の条件を満たしている必要があります。

1.simフリーの端末か?
2.端末が日本の周波数に対応しているか?

このうちどちらかが欠けていると、海外製の端末は使い物にならなくなります。
※wi-fiを利用したインターネットは可能です

simフリーの端末って?simロックがかかっているスマホは使えない?

スマートフォンにはsimカードと呼ばれる「携帯電話の契約に関する情報など」を記録したICチップが入っています。

これによって端末が「誰がどの通信会社と契約したものか」を判別できるわけですが、simカードは抜き差しが可能です。

つまりチップを差し替えれば他人名義の携帯になってしまいます。

ところが携帯電話の中には、契約したsimカード以外のものは認識できないようになっているものがあり、これをsimロック(カントリーロック)などと呼びます。

要するに韓国のスマホを日本で使うためには、simロックがかかっていない端末である必要があるわけです。

simフリーの端末かどうか確認する方法

韓国製のスマートフォンの大半はsimフリーですが一応確認してみましょう。
※一部の古い機種によってはロックがかかっていることもあります

端末に日本のsimカードなどを差し込んでみて、認識すればOKです。

あるいはsimロックがかかっているかを調べられるサイトもあります。

iPhone IMEI
Web: http://iphoneimei.info

iPhone用ですが、IMEIという端末の「固有番号」を入力することで、simフリー端末かどうかがわかります。

※調べられる回数には制限があるようです

simフリーの端末であれば「SIM Look」の所に、Unlookedと表示されます。

IMEIは「設定」から「一般→情報→IMEI」の順で確認できます。

海外製のiPhoneを使っている人は、一度端末のIMEIを見てみましょう。

韓国スマホが日本で使えるか簡単に見極める方法

海外スマホは日本の電波に対応していないと使えない

海外製スマホを日本で使用するためには、所有している端末の対応周波数と日本の通信会社が使う周波数が一致している必要があります。

簡単に言うと日本の電波に対応していないと使えないということです。

新しい機種であれば対応周波数も多いので日本の電波にも対応していると思いますが、中古で購入したスマートフォンなど、古い機種の場合はわかりません。

だからといって、本体の仕様をいちいち細かく調べるのは面倒だと思います。

そこで手持ちの韓国スマホが日本で使えるかを簡単に判定する方法です。
※確実な方法ではないので、あくまで目安にしてください。

端末を販売した通信会社を調べる

androidのスマートフォンのみになりますが、スマートフォンの「電源を入れる・もしくは再起動」してみましょう。

電源をON・OFF(再起動)すると、端末を提供した通信会社のロゴが出てきます。

これで「どこの通信会社向けに販売された端末か」がわかります。

「olleh」と出たので、KTから販売されたスマートフォンだということがわかります。

韓国版のandroid端末であれば、「SK、KT、LG-U+」のどれかが出てきます。

もし3つのうちのいずれでもなかった場合は端末の仕様を頑張って調べましょう。

韓国と海外ローミングが可能な日本の通信会社を確認する

次に韓国と海外ローミングが可能な日本の通信会社を確認します。

その前に「ローミング」について少し知っておきましょう。

海外ローミングってなに?

ローミングとは「現地の通信回線を借りること」です。

当然回線のレンタル料(使用料)が発生するわけですが、これがいわゆる海外ローミングの料金です。

本来なら韓国人(韓国の携帯)しか使えないはずの回線を、外国人(海外で契約した携帯)が特別に使わせてもらうわけです。

だからこそ高い料金になると言えます。

韓国と日本でローミングの提携をしている通信会社は次の通りです。

韓国 日本
SK ソフトバンク
KT ドコモ
LG au

ドコモの携帯を持って韓国に行けば、KTの回線で通信を行うということですね。

LG-U+の携帯を持って日本に来た韓国人は、auの回線を使うということになります。

韓国携帯を使うならローミング先の通信会社が一番良い?

端末を販売した通信会社を確認する理由ですが、例えばSKのスマートフォンであれば、ローミング先は「ソフトバンク」です。

ということは、SKの携帯は少なくともソフトバンクの電波とは相性が良いであろうと考えられます。

つまりSKの携帯を日本に持ち帰り、sim(回線のみ)を契約するのであれば、ソフトバンクが無難ということです。

持ちこんだ端末が思い通りに使えるという保証はないですが、やみくもに回線契約するよりはずっといいでしょう。

日本でsimを契約するならどこがいい?

海外製スマホに使えそうな格安simの通信会社は?

日本に持ち帰った韓国携帯を使うなら、ローミングの提携を結んでいる通信会社にするのが無難だという話をしました。

これをもとに「韓国製端末と相性が良いであろう」と思われる日本の格安simは次のようになります。
※事業者名は一例です

SKの端末にはソフトバンク系

ソフトバンク系の格安SIMの代表といえばYモバイル。
webからの申し込みも可能で、simカードのみの契約なら、自宅にいながら手軽に回線が契約できちゃいます。

KTの端末にはドコモ系

ドコモの回線は圧倒的な通信エリアの広さが魅力。
中でもLINEモバイルは「スマホ基本料ワンコイン」などの、お得なプランを打ち出しています。

LG-U+の端末にはau系

LG-U+のスマホに対応しているのはau系の回線です。
となると無難なのは「UQモバイル」ではないでしょうか。

もともとはドコモ系だった楽天モバイル

新たに通信事業を立ち上げ、独自のプランを始めた楽天モバイル。
もともとドコモ系の格安simを扱っていたことを考えると、KTのスマホが一番だと思いますが、使用している電波が似ているSKの端末でも問題はないでしょう。

格安simは料金プランや対応機種をあらかじめ確認しましょう。

とはいっても海外製の端末は動作対象の機種に含まれているか怪しいので、うまく作動しない可能性がないとは言い切れません。

ご自分の状況に合わせて判断してください。