「聞き取り力」を高めるために、リスニングの勉強をするのは有効な方法ですが、スマートフォンを使って音声ファイルを聞いている人も多いかと思います。

そこで、スマホで音源のスピードを調整する方法について話していきます。

スマートフォンでも速度調整ができれば、リスニングの勉強もだいぶはかどるのではないでしょうか。

Ads

デフォルトの音楽プレーヤーを使う方法

サムスン製のスマートフォンの場合

androidのスマートフォンを使っている場合は、デフォルトの音楽プレーヤーでも再生速度を調整することができます。

※サムスンの「ギャラクシー」で操作方法を解説しているので、機種によっては操作方法が異なる場合もあります。

音楽プレーヤーを再生させた状態から、画面右上のメニューボタン(点が3つ並んだ部分)をタップします。

メニューの中から「設定」を選択しましょう。

「再生スピード」という項目があるので、そこでゲージを左右に動かせばOKです。

スピードは「0.1単位」で調整が可能です。

音楽プレーヤーがない場合

紹介したアプリは「Samsung Music」という、サムスン製の端末には標準で入っている?純正のアプリです。

Samsung Music(サムスンミュージック)

評価:
価格:無料
開発:Samsung Electronics Co., Ltd.

他のメーカーのスマートフォンなど、サムスン以外の機種には入っていないこともあると思うので、その場合はアプリをダウンロードして使ってください。

Samsung Musicは、普段音楽を聴くミュージックプレーヤーとして使ってもいいと思います。

Ads

iPhoneで音声の再生スピードを変えるアプリ

「速聴Music」による速度調整

速聴Music(速聴ミュージック)

評価:
価格:無料
開発:Kazutoshi Baba

iPhoneで使える、速度調節がついた音楽プレーヤーとしておすすめなのが、速聴Musicです。

速度調整の仕方は、音楽(リスニングの音声)を再生中に、「+、-」のボタンをタップするだけです。

・速く再生したい時は+ボタン
・速度を落としたい時はーボタン

スピードは10%づつ変化し、+-ボタンのすぐ上に速度が表示されます。

110%にスピードを上げても、そこまで速くなる印象はないですが、90%に落とした時は、かなり遅くなるような感じです。

「語学プレーヤー」を使った速度調整

語学プレーヤー

評価:
価格:無料(app内課金あり)
開発:NHK Publishing,Inc.

iPhone用として、もう一つおすすめしたいのがNHK公式のアプリ、語学プレーヤーです。

速度変換機能を使うには

速度再生機能を使うにはまず、アプリに音源を登録する必要があります。

①下段メニューの「ミュージック」から「話速変換あり」を選択。

②「お気に入り」の中に再生させたい音声ファイルを指定します。

これで、音源の再生が可能です。

再生中に「速度表示ボタン」をタップし、レバーを左右に調節すれば、スピードを変えることができます。

また、下段の「2秒」と書かれたボタンをタップすれば、2秒前(2秒後)にジャンプできます。

ところで、通常の設定のままでは、再生速度は目盛りの通りにしか調整できません。

速度変換機能の設定変更

設定を変更して、再生スピードを細かく調整できるようにしましょう。

下段メニュー「情報/設定」から「話速変換機能について」を選択し、「無段階設定」をONにしましょう。

また、「早戻し、早送り」から、何秒前(何秒後)にジャンプするかを設定することも可能です。

必要であれば、一緒に変更変更しておくといいでしょう。

これで、再生速度や早戻し(早送り)も、自分が使いたいようになります。

速度を変えても音が高くなったり(低くなったり)しないのも、このアプリのいいところです。

ちなみに語学プレーヤーには「有料コンテンツ」もあるので、教材がわりにコンテンツを購入して勉強するのもいいでしょう。

Ads

androidで音声のスピードを変えるアプリ

語学学習に使うなら「tc.audio」が便利

tc.audio (tc.オーディオ)

評価:
価格:無料
開発:{toughcookie}

androidのスマートフォン用で、語学学習に使える音楽プレーヤーが別に欲しいなら、tc.audioがおすすめです。

語学学習には便利な機能がすべてそろっている

tc.audioで音源を再生した時の画面です。

見た目は「機械的」な感じもするデザインのオーディオプレーヤーです。

スピードの調整は画面右側の「+-」のボタンを押して行います。

速度は、0.1倍~3.0倍まで調整が可能で、機能としては十分と言えるでしょう。

キーを上げたり、下げたりもできます。

音にこだわりたい人は、キーの調整を一緒に行ってもいいでしょう。

ちなみに、再生スピードを変えたからといって、音が変に高くなったり、低くなったりすることはありません。

早戻し(早送り)機能もついています。

<5:5秒前にジャンプ
<3:3秒前にジャンプ
3>:3秒後にジャンプ
5>:5秒後にジャンプ

数秒前(数秒後)にジャンプできるのも、「リスニングの勉強用」としてはうれしい機能ですね。

さいごに

語学学習に使うのであれば、デフォルトのオーディオプレーヤーよりも、別にアプリをダウンロードする方がいいとは思います。

しかし音楽プレーヤーは、使用目的によっても使いやすさが変わってきます。

自分の好みに合わせて、使い分けてみましょう。