「もう少しゆっくり再生したい」
「スピードを下げてじっくり聞きたい」

韓国語(英語や中国語でもよい)のドラマや映画を見ていて、あるいはリスニングの音声などを聞いていて、こう思ったことはないでしょうか。

今回は、パソコンを使って「メディアの再生速度を変える方法」を紹介します。

Ads

windoowsメディアプレーヤーを使う

再生速度の設定方法

windoowsのパソコンに標準で入っている「メディアプレーヤー」を使って、再生速度の調整が可能です。

まずはメディアプレーヤーで音楽などを再生させ、その状態で「右クリック」をします。

再生に関するメニューが出てきます。

「拡張設定」から「再生速度の設定」を選択しましょう。

再生速度設定用のパネルが現れるので、好みに合わせて再生スピードを変えてみましょう。

やり方は3種類あります。

ざっくりと速度設定を行いたい時

パネル左上、「遅く、標準、速く」の部分をクリックすることで、スピードが変化します。

遅く:0.5倍
標準:1.0倍
速く:1.4倍

0.5倍はだいぶスローで、1.4倍にするとかなり速くなる印象です。

ある程度細かく設定をする

速度ゲージのポイントをマウスで左右に動かすだけでもスピードの調整が可能で、この方法が一番シンプルで簡単ではないかと思います。

ただし速すぎたり(遅すぎたり)すると内容がわからなくなります。

0.5倍から2倍(ゲージの青い部分)の範囲で調整しましょう。

超精密なスピード設定

もっと細かくスピード設定をしたい時は、「目盛り位置に揃える」のチェックを外しましょう。

再生速度が、より細かく表示されているのがわかると思います。

しかし、実際にここまですることはないかもしれません。

リスニングの勉強用としてはちょっと不向き

windoowsメディアプレーヤーは、大抵のパソコンには入っているということもあり、使いやすくて無難なアプリケーションです。

単に「音楽を聴く、映画などを見る」といった時には十分ですが、リスニングの勉強に使うとなると不便な点が出てきます。

1.速度設定を変えるには、メニューを呼び出す必要がある
2.早送り、巻き戻しの操作が面倒

一度メディアプレーヤーを終了すると、速度設定はリセットされます。

再びメディアプレーヤーを起動させた時に、メニューを呼び出して設定をやり直すのは面倒です。

また、マウスで再生時間のポイントを動かせば、ある程度の早送りや巻き戻しはできます。

しかし、「同じ部分」を何回か繰り返して聞きたい時に、いちいちマウスを操作していては不便です。

Ads

GOMPLAYER(ゴムプレーヤー)がおすすめ

ゴムプレーヤーをダウンロードする

リスニングの勉強に使うのであれば、GOMPLAYER(ゴムプレーヤー)がおすすめです。

GOMPLAYER(グローバル版)↓
http://www.gomplayer.jp/downloading/?id=player&type=pindex

GOMPLAYER(韓国版)↓
http://gom2.gomtv.com/release/gom_player.htm

日本語で使いたい人はグローバル版をダウンロードすればOKです。

ダウンロードの際は、自分が使っているパソコンのOSに合ったものをダウンロードしましょう。

ゴムプレーヤーのインストール(グローバル版)

インストールは、利用規約に同意して、プログラムを設置するフォルダを指定するだけなので、難しいわけではありません。

「次へ」もしくは「同意する」を押していけば、とりあえずインストールはできます。

ただし、ゴムプレーヤーは無料で利用できるソフトウェアなので、広告などが出てきます。

無料である以上は仕方ないですが、ある程度はインストール時に回避できるようになっています。

インストールの際に、おまけのプログラムも導入するかの確認があります。

インストールすると、無料のソフトウェアを有料版に切り替えるように促す表示などが頻繁に出てきます。

不要なプログラムが、自分のパソコンに入るのが嫌な人は、「dedine」を選択しましょう。

韓国版とグローバル版の違い

GOMPLAYERは、GRETECH(グレテック)という韓国の会社が開発したソフトです。

そのため韓国人が使う「韓国版」と、外国人が使いやすいように他言語に対応した「グローバル版」があるわけですが、基本的に「韓国版」が新しくなってから「グローバル版」が更新されます。

プログラムを常に最新の状態で使いたい人は、韓国版をインストールしてもいいでしょう。

※韓国版とグローバル版で使い方が変わるわけではありません

韓国版ゴムプレーヤーのインストール

韓国版のゴムプレーヤーを使いたい場合は、インストールのやり方が少し変わります。

※韓国版は必要ないという人は、先の「ゴムプレーヤーの操作方法」に進んでください。

まずは、利用規約に同意します。

同意すると、インストールの設定画面に進みます。

ここで下の4カ所のチェックを外し、「次へ」をクリックします。

下の3つは「広告表示のためのプログラム」のようなもので、一緒にインストールしてしまうと、広告などが頻繁に出現します。

また、アップデートの際にも同じ画面が出てくるので、チェックを外すかどうかはその都度確認しましょう。

4つのうち一番上にあるのは、「ショートカット用のアイコン」なので、チェックを入れても入れなくてもどちらでもOKです。

ゴムプレーヤーには「ゴムTV」という、一部のテレビ番組を見れる機能が付ていて、子供が見る際に、視聴制限をかけることができます。

通常はチェックなしで問題ありません。

ファイルの設置場所を確認して「次へ」を押せばインスト―ルが始まりますが、この時に左下のチェックを外しておきましょう。

チェックが入っていると、ZUMというポータルサイトが、ネットを立ち上げた時の最初のページに設定されてしまいます。

グーグルやYahooあるいはNAVERなど、他のページに設定している人は、必ず外しましょう。

インストールが終わると、完了の画面が出てきますが・・・

ここでも「ZUM」を、ブラウザのホームに設定するか聞かれます。

後から、設定を変えるとなると面倒なので、必要ない人はチェックを外して、마침(終了)をクリックします。

これで終わりかと思いきや、「ゴムプレーヤーと一緒にどうぞ」とインストールをすすめられます。

使いたいものがあれば、設置してもかまいません。

この時点でゴムプレーヤーのインストールはできているので、必要なければ취소(取り消し)をクリックしましょう。

Ads

GOMPLAYERの操作方法

基本的な使い方

インストールが終わったら、ゴムプレーヤーを起動させてみましょう。

DVDをパソコンで見る時にも使えるので、動画でも音楽でも、どちらでもかまいません。


※ファイル停止時の画面です

この中で一番よく使うのは、再生時間などを表すバーと、左下の「再生、停止など」のボタンです。

それぞれの機能は次のようになっています。

ゴムプレーヤーの主要な操作ボタン

ボタン 機能
再生
一時停止
停止
左クリック:10秒戻る
右クリック:前のファイルへ
左クリック:10秒進む
右クリック:次のファイルへ
マウスをドラッグして
好きな再生位置へ

早送りや巻き戻しは、時間バーのボタンを左右にドラッグすることで行います。

しかし、ちょっと前に戻る(進む)のであれば、早送りボタン(巻戻しボタン)を左クリックするだけでOKです。

左右のクリックをうまく使おう

右クリックした際の「前の(次の)ファイル」というのは、同じフォルダ内に入っているもののことです。

例えば、アーティストのアルバム曲などであれば、同じフォルダ内に入っていたりすることが多いと思います。

この中のどれかを再生中に、右クリックを使えば「次の曲に飛ぶ」ということです。

Ads

語学学習にはショートカットキーが便利

ボタン一つで簡単に操作ができる

ゴムプレーヤーが便利なのは、ショートカットキー機能があるからです。

いちいちマウスを動かさなくても、ちょっとした操作なら簡単にできてしまいます。

よく使うショートカットキー

ボタン 機能
スペースキー 一時停止・再生
矢印キーの上下 音量の調整
矢印キーの右 10秒進む
矢印キーの左 10秒戻る

スペースキーを使うことで、簡単に「一時停止」にさせることができるし、音量もキーボードの上下を押すだけです。

左右の矢印キーを押すだけで、10秒後(10秒前)に早送り(巻戻し)ができるので、リスニングでちょっと前に戻りたい時には「左キーを押すだけ」でOKです。

これだけで、音声を何回も繰り返して聴くことができます。

また、矢印キーは押した分だけ操作ができるので、左キーを3回連打すれば30秒前に戻るといった使い方もあります。

再生スピードを変えるには

再生スピードの調整も、ショートカットキーが便利です。

再生速度を上げる:Cキー
再生速度を下げる:Xキー
元の速度に戻る:Zキー

メディアの再生中に、これらのボタンを押すだけです。

スピードは0.1単位で、0.2倍~16倍速まで調整が可能です。

まあ、16倍にしたところで何も聞き取れないですが・・・

再生速度を変えると音がおかしくなる時

再生スピードを変えた時に、音声がロボットのようにおかしくなる・・・

そういう場合は、設定を見てみましょう。

再生画面から右クリック、「再生メニュー」から「再生速度」の項目をチェックします。

ここで「音程補正」にチェックが入っていれば大丈夫です。

リスニングの勉強で音声スピードを変える場合は、必ず確認しましょう。

さいごに

他に使いやすいメディアプレーヤーがあれば、乗り換えるかもしれませんが、今のところはゴムプレーヤーが一番使いやすいと思います。

windoowsメディアプレーヤーと一緒に使い分けてみてください。