「語学がうまくなりたい」
「いい人に出会いたい」

やりたいことや希望について話したい時。

韓国語では「誰が何を望んでいるのか」によって、表現を使い分けます。

今回は、希望や願望を表す時に使う文法です。

「したいこと、やりたいこと」を表現する

自分の希望や願望を話す

自分のやりたいことや希望・願望を表現する時に使うのが、-고 싶다です。

自分がやりたいことを表現?

通常の文
영화를 보러 가요.
(映画を見に行きます)

↓↓↓

希望を表現する文
영화를 보러 가고 싶어요.
(映画を見に行きたいです)

早い話が「~したい」という文です。

「-고 싶다」の使い方

「~したい」の表現は、-고 싶다を動詞の語幹に付けます。

動詞 + -고 싶다

가다 + -고 싶다 = 가고 샆어요
먹다 + -고 싶다 = 먹고 싶어요
가지다 + -고 싶다 = 가지고 싶어요

사다 + -고 싶다 = 사고 싶습니다
마시다 + -고 싶다 = 마시고 싶습니다
공부하다 + -고 싶다 = 공부하고 싶습니다

語幹にパッチムはあるか、といったことを考慮する必要はありません。

내일은 계속 자고 싶어요.
明日はずっと寝ていたいです
(자다)
미국에서 영어를 공부하고 싶습니다.
アメリカで英語の勉強がしたいです
(공부하다)

語尾は「-요」と「-ㅂ니다」を使い分けましょう。

否定文には「안」を使う

「~したくない」という文にする時は、안の否定文を使いましょう。

야채를 먹고 싶지 않아요.
野菜を食べたくないです
(먹다)
오늘은 일하고 싶지 않습니다.
今日は仕事したくありません
(일하다)

안の否定文に-고 싶다を組み合わせた「-고 싶지 않다」を付けましょう。

他人がやりたいことを表現する

動詞を「-고 싶어하다」にして使う

他人のやりたいことを表現する時は、表現がちょっと変わります。

他人のやりたいことは表現が別

自分のやりたいこと
저는 맥주를 마시고 싶어요.
(私はビールが飲みたいです)

↓↓↓

他人のやりたいこと
미진이는 소주를 마시고 싶어 해요.
(ミジンは焼酎を飲みたがってます)

-고 싶어하다にすることで、第三者のやりたいことを表すことができます。

動詞の語幹に「-고 싶어하다」を付ける

-고 싶어하다も動詞の語幹に組み合わせるので、使い方に変わりがあるわけではありません。

아내가 하와이로 여행가고 싶어해요.
妻がハワイ旅行に行きたがってるんです
(가다)
아들이 골프를 치고 싶어해요.
息子がゴルフをしたがってるんです
(치다)

他人の希望は、第3者が「~したがる」のように表現します。

第三者の否定文は?

他人がしたくないと思っていることを表現する場合です。

민기씨는 아무한테도 도움을 받고 싶지 않아해요.
ミンギさんは誰の助けも受けたがらないんです
대부분의 공무원들은 일을 그만두고 싶지 않아합니다.
大抵の公務員は仕事を辞めたがってはいません

文が長くなることもあり、実際に使う機会があるかどうかはわかりませんが、こういう表現もあるという参考程度に知っておいてください。

「-고 싶다/싶어하다」にしよう

「~したい」に変えてみよう

動詞を「~したい、したくない」の形に変えてみましょう。

매일
毎日会いたいです
(보다)
이거 
これ欲しかったんです
(갖다)
빨리
早く退勤したいです
(퇴근하다)
난 
僕は来たくなかったよ
(오다)
아침에 일찍
朝早く起きたくありません
(일어나다)

※タップすると解答をチェックできます

「~したがる」に変えてみよう

動詞を「~したがる」の形に変えてみましょう。

동생이 한옥마을을
弟が韓屋村を見たがってるんです
(구경하다)
후배가 회사를
後輩が会社を辞めたがっているんです
(그만두다)
(친구가) 혼자
(友達が)一人になりたがってるんです
(있다)
유미씨는 중국어를
ユミさんは中国語がうまくなりたいんです
(잘하다)

※タップすると解答をチェックできます

自分がやりたいことや友達がやりたがっていることなどを、韓国語でいろいろ表現してみましょう。