これください

주라고と달라고の違いについて解説していきます。

주다は「あげる」という意味ですが、間接話法では「もらう」というニュアンスにもなり、ややこしくなる原因です。

Ads

「~してあげる」なら주라고

「何と言ったのか」を第3者の立場で表現

間接話法で命令文を表す時は「-라고 하다」を使います。

命令なので指示を出すわけですが、指示に使われる単語が「주다」であることがポイントです。

「様子」を表す

管理人-L

아줌마가 (소룡이에게) 친구한테 사과를 주라고 했어요.
おばちゃんが(ソリョンに)友達にりんごをあげなさいと言いました

おばちゃんがソリョンに対して「りんごをあげなさい」と命令する様子を、第3者の立場から表現しています。

要は、おばちゃんが「何と言ったのか?」という話です。

命令の内容が「~してあげなさい、~してやれ」の時、「주라고 하다」となります。

伝聞としての使い方

「おばちゃんが指示をする様子」だけとは限りません。

おばちゃんの指示を、誰かが伝えること(伝聞)だってあります。

「指示」を伝える

yuna-L

(아줌마가) 친구한테 사과를 주라고 해요.
(おばちゃんが)友達にりんごをあげなさいだって

おばちゃんの指示は「中継役」を通して伝わっているのがわかります。

女子4-R

따님 생일인데 선물이라도 사 주시라고 해요.
娘さんの誕生日だからプレゼントでも買ってあげなさいって

リーR

남자친구한테 요리라도 해 주라고 해요.
彼氏に料理でも作ってあげなよって

もともと指示をした人(主語)が省略されることは、よくあります。

주라고の省略形は本人が自ら指示

間接話法の省略形(하다がない)は、中継としての表現の他に、「本人の意思」を表すこともあります。

「自分の意志」を表現

アジュンマ-L

친구한테 사과를 주라고요.
友達にりんごあげなさい

中継役がいるわけではないので、おばちゃんの指示がにダイレクトに伝わります。

間接話法の省略と本人の意思表示がわからないという人は、先に「間接話法の応用」のページを読んでみてください。

参考:間接話法の応用

Ads

「~してもらう」なら달라고

伝聞としての「ちょうだい」

命令の内容が「依頼」の時、「달라고 하다」で表現します。

要するに、「~してほしい、~してくれ」という話ですね。

「依頼」を伝える

アジュンマ-L

친구가 사과를 달라고 해요.
お友達がりんごちょうだいって言ってるよ

友達:依頼者(何かしてもらいたい人)
おばちゃん:中継役(依頼を伝える人)

おばちゃんは中継役で、実際に何かしてもらう立場にいるのは「友達」です。

女子2-R

남자친구가 꼭 전화해 달라고 해요.
彼氏が、ぜったい電話くれって

男子2-R

그 아이가 귤을 하나만 달라고 해요.
あの子が、みかん1個くださいって

달라고 하다は「~してほしい」と、もらう側の立場から表現しているのがポイントです。

달라고の省略形は自分で直接依頼

省略形の달라고も、「本人の意思」を表す表現として使うこともあります。

自分で伝える

なび-L

사과 하나만 달라고요.
りんご1個くれないかな

友達が自分で、依頼内容を伝えてます。

しかし、달라고なので「~してほしい」というニュアンスは変わりません。

第3者の立場から見た時

第3者の立場で、依頼の様子を表現することもあります。

「様子」を表す

管理人-L

친구가 소룡이에게 사과를 달라고 했어요.
友達がソリョンに、りんごをちょうだいと言いました

このように、頼みごとをする様子を表現することもあります。

「~してくれ」と言いましたというような話ですね。

Ads

달라고の応用

自分の意図、要望を直接伝える

달라고 하다を省略形で使えば、自分の要望を直接伝えることができます。

実際に、これがどういう時に使えるのか。

女子1-L

빨리 준비해 달라고요.
早く準備してくださいね

兵士-R

아까 맥주 달라고 했는데요.
さっきビールくれって頼んだんだけど

「~해 주세요」が「~해 달라고요」に変わると思えば、イメージしやすくなるのではないでしょうか。

「さっき注文したのに…」のような話は、そこそこ使う機会もあると思うので、ぜひ覚えてください。

男子1-R

와이샤츠 말고 티샤츠를 보여 다라고요.
Yシャツでなくて、Tシャツを見せて欲しいんです

この言い方は、一度言っても効果がなかった、あるいは強調して伝えたい時などに使うことが多いです。

달라고を尊敬語で使うと?

달라고を尊敬語で表現した場合、どうなるでしょうか。

ビッグボス-L

빨리 해주시라고요.
早くやってくださいよ

もともとは「주다」なので、尊敬語なら-시がつき「주시다」となります。

しかし、주시다を間接話法にしても、달라고のように変化はしないので、指示でも依頼でも、そのまま使えばOKです。

まとめ

주라고と달라고がややこしくならないためには、「あげる」は주라고、「もらう」は달라고と覚えてしまうことです。

そうすれば、「誰が誰に対して言っているのか」を意識しやすくなります。

「誰が何と」は間接話法の基本でもあるので、ややこしくなった時は原点に立ち戻りましょう。