中に入る

돌(石)+다리(橋)=돌다리(石橋)
돌(石)+대가리(頭)=돌대가리(石頭)

このように、韓国語には2つ以上の単語が組み合わさった言葉があります。

ところが、こうした言葉の中には、숫자(数字)のように間にㅅパッチムが入るものもあります。

そこで今回は、韓国語の単語の種類、合成語にㅅが入るパターンなどを解説していきます。

Ads

韓国語の単語の種類

単一語と複合語

韓国語の単語は単一語複合語の2つに分かれます。

単一語:1つの言葉からなる単語
밥、물、사과

複合語:2つ以上の言語が組み合わさってできる新しい言葉
요리하다、수돗물、풋사과

また、複合語はさらに「合成語と派生語」の2つに分かれます。

合成語は比較的わかりやすい

合成語は、独立していた言葉どうしが合わさったものです。

여기 + 저기 = 여기저기
공부 + 하다 = 공부하다
비비다 + 밥 = 비빔밥

もとの単語とは全く違う意味になるのが特徴

비비다(混ぜる)と밥(ごはん)が合わさり、비빔밥(ビビンバ)という全く違う単語になっています。

・名詞+名詞
・動詞+名詞

・形容詞+名詞

分解するとこのように、どんな単語が組み合わさっているのかが、わかりやすいものが多いです。

派生語は韓国人も間違える

派生語は、一つの単語に접사(接辞)と呼ばれる「おまけ」が組み合わさることで、新しい単語になります。

길다 + 이 = 길(長さ)
밝다 + 히 = 밝다(明るくする)
깨끗하다 + 이 = 깨끗(綺麗に)
중얼 + 거리다 = 중얼거리다(ぶつぶつ言う)

もとの単語のニュアンスが残っているのが特徴

「長い」から「長さ」のように、派生語にはもとの意味やニュアンスが残っているのが特長です。

また、접사(接辞)は、それだけでは独立した単語にはなれません。

なび-L

「綺麗に」を깨끗히と書く韓国人もたくさんいますが、正しくは깨끗이です

깨끗하다という語彙があるせいで、깨끗히と間違えてしまうわけですが、そのくらい派生語かどうかの判断は、韓国人もよくわからなくなるほど複雑です。

とりあえずは、単一語と合成語にだけ注意しておきましょう。

Ads

パッチムにㅅが入るのは合成語

合成語の中身は漢字語や固有語

合成語は単独でも使える言葉が組み合わさっていますが、漢字語や固有語から構成されます。

漢字語:漢字ベースの言葉
固有語:ハングルでしか書けない独自の表現

漢字語の例
학교、공기、자동차、방、후

固有語の例
하늘、돌、값、일、코、물、깨、잎

日本語にも漢字はあるので、他の外国人よりも、漢字語と固有語の区別はしやすいと思います。

合成語の組み合わせパターン

規則やルール

合成語の組み合わせは、次の3パターンからなります。

1.漢字語+漢字語

초등학교、등산、수면시간、출입구、지하철

2.固有語+漢字語

한시간、맞춤법(スペル)、방값、수돗물、훗일
※「後日」ではなく「後のこと」

3.固有語+固有語

콧물、깻잎

このうち、2の一部や3の組み合わせ、つまり固有語が含まれる合成語に、ㅅパッチムが入ります。

また、前に来る単語にパッチムがないというのが前提になります。

Ads

合成語の発音や表記と例外

ㅅの合成語の読み方は3種類

ㅅが入る合成語の読み方は、3種類に分類されます。

1.後ろに来る言葉を濃音で発音

어제 + 밤 = 어젯밤[어젣빰]

2.ㅅが鼻音化する

비 + 물 = 빗물[빈물]
코 + 물 = 콧물[콘물]
수도 + 물 = 수돗물[수돈물]

3.ㅅの鼻音化+ㄴ添加

후 + 일 = 훗일[혼닐]
깨 + 잎 = 깻잎[깬닙]

漢字語の組み合わせにも例外はある

「漢字語+漢字語」の合成語にも例外があり、次の6つにはㅅが入ります。

ㅅパッチムが入る特殊な語彙

곳간(蔵)
셋방(賃貸部屋)
숫자(数字)
툇간(厠)
횟수(数字)
찻간(汽車、車などの車内)

これらはそのまま丸暗記するしかありません。

固有語でも例外はある

「固有語+固有語」の組み合わせの場合、ㅅが入ると言いましたが、例外はあります。

ㅅが入らない例

깁밥、비빔밥、떡볶이

言葉でもなんでも、韓国には「例外」が多いですね。

まとめ

1.単語の種類
単一語は単語の基本単位
複合語は派生語と合成語からなる

2.合成語の種類
漢字語+漢字語
漢字語+固有語
固有語+固有語

3.合成語にㅅが入る時のルール
固有語を含んだ組み合わせ
前に来る言葉にパッチムがない
漢字語動詞の組み合わせには例外がある

4.合成語にㅅが入る時の発音
後ろに来る言葉を濃音で発音
ㅅが鼻音化する
ㅅの鼻音化+ㄴ添加

間にㅅが入る単語で、普段からよく使うものはそんなに多くはないので、片っ端から暗記してしまいましょう。