-더라は「過去の出来事」について話をする時に使う文法です。

自分が体験したことを思い起こし、その時の様子などを伝えます。

頭の中で場面をイメージしながら話をしていくわけですが、思い起こす内容が「行動か感情か」によって使い方が変わります。

過去の「行動やできごと」を思い出す

周りの様子を思い出して話す

まず過去の行動やできごとを思い出して話す場合です。

민호는 열심히 공부하더라고요.
ミンホは熱心に勉強してたよ
공항은 사람이 많더라고요.
空港は人がいっぱいだったよ

過去といっても第3者の行動やその場の状況など、客観的な内容に限られます。

つまり自分が見てどうだったのかを伝えます。

이소룡-L

난 외국어를 열심히 공부하더라.
俺は外国語が上手だったな (×)

したがって自分が主語の文には使えません。

不特定の人物やモノなどにも使える

他人が主語になる文であれば、不特定の人物を示す누구も使用可能です。

누구더라?
どなただっけ?
누구더라?
誰だっけ?

-더라を「誰だったかな?」といった文に使うと思えばいいでしょう。

방금 누가 찾아오더라고요.
さっき誰か訪ねてきたよ
비번이 몇 번이더라?
パスワード何番だっけ?
※비번=비밀번호(パスワード)

また-더라は人物以外に、ものに対しても使用が可能です。

その時の「感情や気持ち」を思い出す

必ず自分が主語になる文章

-더라は自分が感じたことを思い出して話す場合もあります。

시험이 너무 어렵더라고요.
試験すごい難しかったよ
나 얼굴이 작은 남자가 제일 좋더라.
私、顔が小さい男性が一番好みなんだよね

この場合は行動ではなく「感情」について話すので、自分が主語になります。

感情を思い出すのは自分にしかできないことなので、他人の気持ちを思い出して話すといったことはないわけです。

他人の感情について話す時は?

行動や出来事を思い出す時は「他人」が主語になり、感情を思い出すのであれば「自分」が主語になると言いました。

では他人の感情や気持ちを表現したい場合は、どのように言えばいいでしょうか。

수연이는 기분이 안 좋더라고요.
スヨンは機嫌が悪かったよ (×)

機嫌が良かったかどうかは本人にしかわからないことなので、そのまま-더라にするとおかしくなります。

そこで-것 같다を使いましょう。

수연이는 기분이 안 좋은 것 같더라고요.
スヨンは機嫌が悪そうだったよ

私から見て「あの人は機嫌が悪そうだった」のような文にします。

그가 기분이 안 좋은 것 같이 보이더라고요.
彼は機嫌が悪いように見えましたよ

あるいは機嫌が「悪いように見えた」のような言い方をしてもいいですね。

要するに自分が感じたこと、こちらから見た様子として表現すればいいわけです。

-더라の例外や応用でレベルを上げていこう

行動について話す文でも「自分」が主語になる例外がある

過去の行動について話す際に、自分が主語になる例外もあります。

난 꿈 속에서 하늘을 날고 있더라고요.
私夢の中で空を飛んでいたんです
어떻게 집에 왔는지 필름 끊겼는데 깨어나니까 집에 있더라고요.
どうやって帰ったのか記憶がないけど、目が覚めたら家にいたよ

いつの間にかこうなってた、気づいた時にはこうだったなど、新たな事実に気づいた時です。

主語は自分ですが、話の内容はその時の様子でもあり、感情とも言える特殊なケースです。

間接話法で「誰かが言ったこと」を思い出す

-더라は間接話法と一緒に使うこともあります。

TV에서 요즘 취직하기 어려운 젊은이들이 많다고 하더라고요.
TVで最近、就職難の若者が多いって言ってましたよ
그 라면집은 만두가 맛있다고 하더라.
あのラーメン屋は餃子がおいしいって言ってたな

「誰かの発言」などを思い出して話す場合で、ニュースなどで「こう言ってたよ、ああ言ってたな」というような話を伝えることもできます。

식초가 건강에 좋다고 하더라고요.
お酢が健康にいいそうですよ
마늘은 피부에 좋은 음식이라고 하더라고요.
ニンニクは肌に良い食べ物だって言ってましたよ

あるいは本に「こう書いてあったよ」というような話をしてもかまいません。

間接話法と-더라を一緒に使えるようになると、かなりレベルもアップするのではないかと思います。

まとめ

1.過去の行動を思い出す時
他人が主語

2.過去の感情を思い出す時
自分が主語

3.新たな事実に気づいた時
過去の行動でも自分が主語になる例外

4.誰かが言ったことを思い出す時
間接話法と-더라

ちなみに「-더라<-더라고<-더라고요」の順で丁寧な表現になります。