「すみません」
「ごめんなさい」
「申し訳ありません」

こうした言葉は初級の段階で学習するものの、頻繁に使う言葉ではないので、覚えているようで案外そうでないものがあると思います

そこで韓国語の謝罪の表現をまとめてみました。

謝罪の表現でよく使う미안하다と죄송하다

「遅れてごめんなさい」には미안해요?

通常の「ごめんなさい」の感覚で使う言葉が、미안하다です。

늦어서 미안해요. 많이 기다렸어요?
遅れてごめんさない。すごい待ったでしょ?
아니요, 저도 방금 전에 왔어요.
いえ、僕もさっき来たところです

待ち合わせに遅れることは誰にでもあることなので、こういう表現はすぐ出てくるようになっておきたいところでしょう。

また時間が経ってから「過ぎたこと」に対して謝る時は、過去形にして使うこともあります。

아까는 내가 미안했어요.
さっきはごめんね
미안해요. 답이 늦었네요.
ごめんなさい。返事が遅れました

ちなみに답には「答え、返事」という意味がありますが、대답は口頭での受け答えであるのに対して、답장は文書や手紙、メールなどの返事を意味することが多いです。

「申し訳ありません」には죄송합니다

미안하다よりも丁寧に謝罪の気持ちを表現したい時には、죄송하다です。

죄송합니다. 제 실수입니다.
すみません、私のミスです
죄송합니다. 시정하겠습니다.
すいません、以後気を付けます
어제는 제가 정말 죄송했습니다.
昨日は本当に申し訳ありましせんでした

죄송하다もやはり過去形にして使うことはあります。

ちなみに시정하다(是正-)は「悪いところは直して、再びこういうことがないようにする」という意味ですが、普段使うことはあまりないかもしれません。

미안하다や죄송하다を接続表現と組み合わせる

-ㄴ데요と使う「悪いんですが、申し訳ないですが」

미안하다や죄송하다は接続表現と一緒に使うことも多いです。

미안한데 이거 내일까지 할 수 있어?
悪いけどこれ明日までにできるかな?
죄송한데 물 한 잔만 주시겠어요?
すみませんが、水を一杯いただけますか?
죄송한데요 혹시 국민은행이 어딘지 아세요?
すみません、国民銀行がどこかご存知ですか?

いわゆる「悪いんだけど…」と話を切り出す時ですね。

頼みごとや断りの話をする時はもちろん、知らない人に話しかける時に使われることもあります。

-지만と一緒に「悪いんだけど、申し訳ないけど」

-지만ともよく組み合わせるので、これも一緒に覚えてしまいましょう。

미안하지만 그 날은 약속이 있어요.
悪いんだけど、その日は約束があるんです
죄송하지만 다시 한 번 말씀해 주세요.
申し訳ありませんが、もう一度おっしゃってください
죄송하지만 수사에 협조 좀 부탁 드립니다.
申し訳ありませんが、捜査にご協力をお願いします

-지만と-ㄴ데요どちらを用いても、表現のニュアンスとしては大きく変わりません。

使い方そのものが日本語と韓国語で似ているので、そこまで難しくはないでしょう。

その他の謝罪の表現にはどんなものがある?

「恐縮です」には송구스럽다

その他の謝罪の表現として「恐縮です」のような言い方もあります。

이렇게 편지로 상담 드려 송구스럽습니다.
こうしてお手紙でご相談差し上げまして恐縮です
송구스럽습니다만 한 말씀 드리겠습니다.
恐縮ではありますが、一言申し上げます

송구스럽다はかなり固い表現でもあるので、普段使うことはないかもしれません。

ちなみに韓国の時代劇では「申し訳ありません」という意味で、송구하옵니다という言葉が出てきたりします。

「公の場面」でよく見られる사과드립니다

公式的な場面でよく使われる表現が、사과(謝罪)です。

불편을 느끼신 고객님께 진심으로 사과 드립니다.
ご不便を感じているお客様に、心からお詫び申し上げます
회원분들께 깊이 사과 말씀 드립니다.
会員の皆様に深く謝罪申し上げます

こうした表現は記者会見や謝罪文などで目にする機会が多いかもしれません。

사과해(謝れ)のような言い方とは違う、ちょっと固い表現ですね。

잘못했어요はあまり使わない?

「過ちを犯す、間違いをしでかす」といった意味の잘못하다を使って謝ることもあります。

미안해요. 내가 잘못했어요.
ごめん、俺が悪かったよ
내가 잘못했어. 제발 살려줘.
私が悪かった。たのむ助けてくれ

ピンチに陥った悪役が言いそうなセリフもありますね。

しかし実際に「잘못했어요」と言ってるのを耳にすることはまずない気がします。

日本人は何かしてもらった時に「すいません」と言うことが多いですが、韓国人は「ありがとう」と答えます。

日本語の感覚をそのまま韓国語にしないよう、ちょっとだけ気をつけましょう。