韓国人っぽい

話し方が韓国人っぽい文法と題して「-아/어 가지고」の使い方やニュアンス、注意点などを解説していきます。

この文法は外国人はあまり使わないような印象(個人的にそう思う)があります。

そのため使いこなせれば、ネイティブに一歩近づけるようになるかも?しれません。

-아/어 가지고のニュアンス

次の行動や結果の「理由」になる

-아/어 가지고には、ある状態が後に続く内容の「原因や理由」を表すこともあります。

이사하느라 너무 바빠 가지고 정신이 없었어요.
引っ越しですごい忙しくて、余裕がなかったよ

引っ越しのためずっと忙く、そのせいで余裕が全くなかったという話ですね。

그 때는 좀 일이 있어 가지고 못 갔었었요.
あの時はちょっと用事あって、行けなかったんだ

こちらは用事があることで「行けなかった」という事実につながっていきました。

저는 액션 영화를 좋아해 가지고 주말에 자주 봐요.
僕はアクション映画が好きで、週末によく見ます

こちらもアクション映画が好きが映画をよく見るという行動につながっていきます。

要するに理由を表す-아서/어서のような使い方ですね。

次の動作や状況につながっていく

-아/어 가지고は、ある行動や状態が次の動作につながったり、またはそのきっかけになる時に使います。

친구랑 같이 가 가지고 영화를 보고 식사도 했어요.
友達と一緒に行って、映画を見て食事もしたよ

友達とどこかに出かけて、そこで映画をみたりや食事をしたりします。

어제는 친구가 집에 와 가지고 같이 술을 먹었어요.
昨日は友達が家に来て、一緒に飲んでいたよ

友達が家に来たことが、一緒に飲むという状況に続いていきました。

그 사거리를 자나 가지고 조금만 더 가면 왼 쪽에 은행이 보일 거예요.
その交差点を過ぎて、もう少し行くと左手に銀行が見えるはずです

交差点を過ぎることによって、銀行が見えるという状況になります。

つまり時系列で話をする-아서/어서のような使い方になります。

「-아/어서」と「-아/어 가지고」の違いは?

原因や理由を表す文のニュアンス

結論から言うと、-아서/어서と-아/어 가지고はどちらも意味に変わりはありません。

しかしあえて違いを説明するとすれば、次のような感じです。

TV가 고장 나서 못 봤어요.
テレビが壊れて見れなかったよ

-아/어서は「テレビが壊れたので見れない」という事実を説明するだけになります。

TV가 고장 나 가지고 못 봤어요.
テレビが壊れてて見れなかったよ

-아/어 가지고は、テレビが壊れていて見れないという意味です。

つまり「テレビが壊れてから時間が経っている」というニュアンスも含まれます。

壊れたテレビ

テレビが見れないという結果は同じでも、「壊れたから見れない」と「壊れてて見れない」では、若干ニュアンスが違いますね。

ただ多少の違いはあっても「テレビが見れない」という事実は変わらないので、どちらも同じように通じます。

状況を説明する文もほぼ同じ

-아/어서には「時系列に沿って話をする」という意味もありますが、-아/어 가지고も同じ使い方ができます。

학교에 가서 친구를 만났어요.
学校に行って友達と会ったよ
학교에 가 가지고 친구를 만났어요.
学校に行って、でもって友達と会ったよ

この場合も「-아/어서」と「-아/어 가지고」で、伝える内容に違いはありません。

「学校に行って、~したよ」
「学校に行って、でもって~したよ」

あえて言えば、このように余計な言葉が増えたくらいです。

したがってどちらを使っても、結果的に同じ意味になります。

「-아/어 가지고」を使う時に注意すべきこと

試験や面接、文語には使わない

-아/어 가지고は話言葉なので文語には使わないという点も覚えておきましょう。

友達との普段の会話やメッセージのやり取りに用いるのは全く問題ありません。

しかし大学のレポートやビジネス文書、試験の作文問題などに使うべきではありません。

대학교에서는 경영학을 전공해 가지고
大学では経営学を専攻してて…

面接でこういう話し方をすれば、印象が下がるかもしれません。

したがって試験の作文問題でも「理由」を表す文を書く際には、-아/어서-기 때문에を使いましょう。

状況に合った話し方とスタイルを意識しよう

話し方

電話やメール、普段の会話、なんにでも「-아/어 가지고」をつけて話す人がいます。

確かにうまく使えば、会話のリズムと流れがよくなることもあります。

しかし連発しすぎると「〇〇で~、それで~、だから~」と、くどくなります。

話し方は本人の癖もありますが、使いすぎには気を付けましょう。

まとめ

1.-아/어 가지고のニュアンス
次の行動や結果の「理由」になる
次の動作や状況につながっていく

2.-아/어 가지고と-아/어서との違い
意味としての違いはほぼない
-아/어 가지고は話し言葉

3.場面に合わせて使おう
作文や面接には使わない

個人的には「道案内」にこの文法を使う人が多い気がします。